ビジネス 投資

【タイプ別】初めての株式投資の始め方と注意・知っておきたいこと

最近周囲で株を始める人が増えていませんか?

私の周りで増え始めていて怖いです。

趣味のTwitterアカウントにも話が届いています。

 

この記事では

これから株式投資を始めてみようかな?

という方に

  • 株式投資を始める人がどんなタイプの人なのか?

  • タイプごとに取る手段がどんな方法なのか?

これらをタイプ別で注意喚起・提案していきます。

 

株式投資を始める人の3つのタイプ

  1. 周囲の話を聞いて興味本位で始めるタイプ
  2. 不労所得を得るために始めるタイプ
  3. 銀行預金の代わりに始めるタイプ

あなたはどのタイプが危険だと思いますか?

 

答えは正しい知識がなければ全て危険です。

 

投資フィーバーの今だからこそ伝えたい事

タイプ別の注意点をお伝えします。

 

1.周囲の話を聞いて興味本位で始めるタイプ

あなたはとにかくホットワードに投資しようとしていませんか?

  • 「暗号資産ETFが熱い」
  • 「AIによる自動売買ができた。」
  • 「新しい儲かる投資信託ができた。」

などなど、様々な情報を聞くでしょう。

ちなみに暗号資産ETFは、まだ投資信託としては認められていません。2021/3/5現在

投資信託とは自分が投資したお金をそれぞれのテーマに合わせた企業へ分散投資してくれる。

そんなシステムです。手数料がかかります。

ETFも投資信託ですが、大きな違いとしては証券取引所を通すか否かの違いがあります。

 

とりあえずやってみようでホットワードに投資するのは危険と言わざるを得ません。

暗号資産ETFが熱い

暗号資産は投資資産としての性質が異例です。

一言でいうと「価値を保証されていない」

ここは複雑になってしまうので暗号資産で調べてみてください。

暗号資産(仮想通貨)とは?暗号資産の意味やメリット・注意点を紹介!まずは少額から

ビットバンクより

 

日々の価格の上下が非常に大きく、値段の動きの根拠を得ることが難しい商品です。

→資産が大きく減ったときに耐えられますか?買うべき時に買い、売るべき時に売れますか?

 

新しい儲かる投資信託ができた。

→投資信託の中身を理解できていますか?手数料は把握していますか?

投資信託は正しく選ばなければほとんどが利益を出せない商品です。

「利益が出そう」だけで選ぶとほぼ確実に損をします。

 

AIによる自動売買ができた。

→AIって何だと思いますか?

あくまで人間が決められたプログラム通りに動くシステムで取引しているだけです。

利益を確実にするものではありません。

 

初めて株に触れるあなたはホットワードの華やかさに目が惹かれると思います。

しかし残念ながら、これらには

流れ込んだ初心者を相手に稼ぐための商品が多く存在します。

消費者目線の善良な商品を購入できればいいですが、それ以上に自分の儲けを重視する商品が多いのが事実です。

 

あなたが株式投資で利益を得るってどういうことだと思いますか?

投資した企業が成長して市場規模・価値が上がる、その会社の利益を株主へ分配したものを受け取る。

必ず人や企業が介在します。

「無」からお金は発生しません。

華やかなワードに騙されて「買えば儲かる」という考えはやめましょう。

基本はこれからも業績が伸びるであろう企業や、業種、国に投資です。

それを踏まえた上でリスク分散の投資信託や、

自動売買などのツールを検討しましょう。

 

2.不労所得を得るために始めるタイプ

そんなあなたは短期的に株価の値動きを予想して、

積極的にトレードを行っていく様子を思い描いているでしょう。

 

あなたが株式投資で利益を得るってどういうことだと思いますか?

先ほど「企業の価値が上がること」と説明しました。

しかし、トレーダーは違います。

所持する株式資産の短期での価値変動差額で稼いでいかなければなりません。

ここで知っておかなければならないのは短期の株式投資の世界はゼロサムゲームだという事です。

ゼロサムゲームとはどういうことか、

例えば100万円儲けた!というAさんがいたとします。

その時必ず20万円損したBさんや、80万円損するCさんが発生します。

+100万円-20万円-80万円=0で合計は0になるという事です。

 

そこで知っておいてください。

私たちとは桁違いな資産を使って短期投資を行う機関投資家たちがいます。

当然ベテラン投資家たちもいます。

勝ち馬に乗るなんて考えでは喰われますよ。

自分たちより耳のいい投資家たちと戦って、

利益を奪い合うのがトレーダーだということを忘れないでください。

覚悟してください。

 

3.銀行預金の代わりに始めるタイプ

そんなあなたはどうやって投資対象を決定しますか?

 

銀行や証券会社の窓口で投資商品を相談しようというあなた

絶対にやめてください。

恐らく得をしそうに見える投資商品を勧められます。

ですが、そのような商品のほとんどは割高な手数料のぼったくり商品です。

手数料が数%は初心者には対した数字に見えません。

この数%が小さく見える間は絶対に投資を始めないでください

 

ネット証券での積み立てを考えているあなた

私も同じです。一緒に頑張りましょう。

始めるアドバイスとしては「つみたてNISA」について勉強することです。

減税効果もありますが、なにより国が商品について精査しているため、

悪質ともとれるような投資信託はありません。

まずはこの中から選択しながら勉強することで、大きく失敗することを防ぐことができるでしょう。

私が購入しているのはeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)(SBI証券より)です。

 

海外でお仕事をされるあなた

実体験から一つ注意点です。

株式投資を貯蓄代わりにする場合に、あなたは海外駐在に気を付けてください。

出張ならば大丈夫なのですが、駐在になってしまうと証券会社での新規取引ができなくなるなどの制限があります。

予定がある場合はあらかじめ対策を用意しておきましょう。

 

おまけ 株にまつわる靴磨きの少年の話

これは1929年のウォール街大暴落の際のケネディ大統領の父親ジョセフの逸話です。

1928年アメリカでは空前の株式ブームでした。

当時流れに乗って大儲けをしていたジョセフは靴磨きの少年に靴を磨いてもらいました。

 

その最中に少年はこう言ったそうです

「おじさん、〇〇の株を買ったら儲かるよ。」

 

それを聞いてジョセフは、

「投資からほど遠い靴磨きの少年までが株の話をするのは異常だ、この後に株を買う人はいないから株式は暴落する!」

と考え、すべての株式を売り払って難を逃れました。

 

現状と似ていませんか?

あなたの得ている情報は取りに行ったものですか?

情報強者に掴まされたものではありませんか?

 

ただこの話はわりといつも聞くので

今が本当にこの時と同じ状況とは限りません。

あくまで注意喚起です。

 

まとめ 投資に絶対はない

いろいろ脅かしました。

ですが株式投資に興味を持ったことは間違いなく良いことです。

ただし、無策に挑戦して失敗をして欲しくなかった。

絶対儲かるという甘い勧誘に流されないでください。

 

あたかも誰もが儲かるように断言して語る人もいます。

しかし投資に絶対はありません。

 

あなたの検討する一助になれば幸いです。

 

それでは

-ビジネス, 投資
-,

© 2021 えゆさんはアニオタ会社員 Powered by AFFINGER5