アニメ 趣味

回復術士のやり直し あの小説をよくアニメに…

アニメ「回復術士のやり直し」放送されていることを未だ受け止められていません笑

あなたもご存じかもしれませんが、まあすごい内容なわけで。

閲覧注意なアニメだと思うので、ざっくり5つで特徴を解説していきます。

https://twitter.com/kaiyari_anime/status/1347739878075731970?s=20

↑注意書きあります笑

私はアニメではなく主に小説家になろうの原作のほうで読んできたのですが、内容と思うところや、書き連ねています。

 

このアニメはアニメ化されるのかけて規制の強さでテレビ放送版・やり直し版・完全回復版の3バージョン用意されています。

https://twitter.com/kaiyari_anime/status/1359487281946451969?s=20

当然完全回復版が一番過激で深夜枠なんですが、まずあの内容が22時からで放送されたなと。放送枠はこちら

それはさておき今回の内容を、

回復術死のやり直しを5ポイントで

1.ざっくり骨組み

三人の勇者への復讐のために仲間を増やしたり、武器を手に入れたり、策を練ったりする。

っていうような内容で「復讐の為の」っていう文言が取れればまともなやり直しものなんですが、先に挙げた三点全てがK点越えの大ジャンプなのが問題なんですよね…

仲間について、人間はだいたい洗脳して記憶を書き換え、

武器が必要になれば敵を殺して奪い取って

策についても戦闘はパワープレイで、敵にいかに人の痛みを理解させるか

っていうとんでも物語です。

 

2.3つもバージョンが分かれたのは、

でもって敵の痛めつけ方がだいたい18禁展開になるので、

よくもまあこれを選んだなと。

原因としては当然ながら主人公の発想の着地点で、「やられた痛みを当人にも返す。」

それともう一つ、勇者の精液でレベルの上限が上がるっていうのも拍車をかけています。

強くなりたい人に求められるんで18禁行きです。

そのせいで自我を失った主人公は同性からも強姦されるようなシーンもあるんですけど、あれをアニメでやったんだろうか??

そりゃバージョンも増えるよね。

 

3.強烈な復讐シーンはこんな感じ

復讐する展開になるとまず、その強姦された経験のお返しから入るので、

例えば戦場の占領地で残虐な限りを尽くした兵士に対して。

さらに勇者が総じて異常な性癖を持っているので、それを反映してやり返すと…

そんなぶっ飛んだ発想のインフレを癒しの勇者の力で実行する無茶ぶりを楽しむのがこの物語の楽しみ方かと思います。

復讐手段に関して一番残虐に癒しの力を有効活用しているような気が笑

 

復讐の内容に関して、男は大体残虐な殺され方をします。

体に崩壊魔法のようなものをかけられたり、死ぬまで性欲だけで動く人形にされたり。

女の子なんですが、自分が痛めつけられた相手でも洗脳して手駒にしたりします。

だいたいその前に凌辱します。

その相手の洗脳が解けたときに、迫害してきた自分に対して奉仕していたことを知ってどんな反応をするか楽しみにしているようです。

これって結構根性あるなあ、と感じるのは私だけでしょうか?

怖いもの見たさでもご注意を。

 

4.主人公の中の復讐とはなんぞ

この物語での「復讐」なんですが、概念としてはとりあえずやり返す。

あんまりそこに葛藤があったりみたいなのはないので、主人公お楽しみシーン期待で見る分にはうじうじしなくていいですね。

感情は過去に置いてきたから知らない!だったり、

残酷な行為を行った相手に

お前がくずでよかった。

みたいな感じでバシバシ躊躇なく復讐していきます。

逆に言うと復讐を通して主人公の心の動きを描いてっていうタイプではないんで、哲学的な展開を期待する方には不向きだと思います。

 

5.同じ系統もアニメ化していくのかなあという話

俺つよ系から最近多いもう遅いシリーズにブームが移る兆しを感じますね。

もう遅いシリーズのベースにあるのはマイルドさの抜けた復讐ものになってくると思うので。

その中で同じ系列で漫画が出ている「二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む」がきそうかなと思ってます。

よりダークな復讐と、混沌とした人間関係が描かれていて、

個人的には見ごたえはこちらが上です。

またいつか比較してみてもいいかなあと思っていますので機会があれば。

ちなみに控えめになりますがお色気要素も含まれているのでご安心ください、

あれってライトノベルとして出す際の挿絵で有利なんで戦略的に取り入れられてるし、

なんなら入れるように推奨されるらしいですね。(えゆ個人調べ)

 

まとめ

あなたは視聴できそうですか?

復讐ものとしては内容がファンタジーに極振りしているので、重くなりすぎてしんどいようなことはないと思います。

ただし、内容に関してはかなり偏った趣向がこもっているので、苦手な方は無色転生で平和に推しを愛でましょう。

私は大人になったエリス推しです。

8期くらいになったら出てくると思います。

 

それでは!

-アニメ, 趣味
-

© 2021 えゆさんはアニオタ会社員 Powered by AFFINGER5